• ホーム
  • 香港株購入ならネット証券の購入手段と株主優待の魅力

香港株購入ならネット証券の購入手段と株主優待の魅力

考えている男女たち

香港株は中国株の一つであり、日本からでも簡単に購入することが可能です。
大手の証券会社の多くで取り扱っていますから、そこで口座開設すれば取引ができるようになります。
おすすめなのがネット証券です。
香港株は取引の際に、いくつかの費用がかかります。
国内手数料と現地手数料、現地諸費用、為替手数料など複数の費用がかかるため、手数料の安さが魅力のネット証券で積極的に売買をしましょう。
香港株は中国経済と関連性が高いため、中国バブル崩壊後の取引では、慎重に行う必要があります。
海外株とは別に、国内株やファンドなどにも投資して、リスク分散をすると、安全に投資を楽しめるようになります。
株式は1万円以下でも購入できるようになっています。
単元未満株というシステムを利用すれば、1株から購入できますので、株価の高い株でも、1万円以下で容易に購入することができます。
ただし、単元未満株は取引手数料が割高になるのがネックです。
そこでファンドも活用しましょう。
ファンドも1万円以下で購入できるものが多く、500円から可能な積立投信というサービスも、証券会社によっては提供されています。
毎月500円ずつの投資とあり、負担が少ないのが魅力的です。
株の売却益を狙う方法の他に、株主優待でお得に投資する方法もおすすめです。
株式を一定以上保有していると、株主優待を受けられる銘柄が国内にはたくさん存在します。
プロ野球やサッカーなどの観戦チケットを大幅割引で入手できるなど、銘柄によって様々な株主優待の内容が揃っています。
株主優待は、権利確定日までに必要な株数を持っていることが条件です。
権利確定日が過ぎれば、すぐに売却しても株主優待の権利を受けることができます。

関連記事